Tricorn Corporation

組織がフラットだから
決まるのが速い

2015年 入社
ミロゴス株式会社出向

S・M

― トライコーンに入社したきっかけ

今考えると未熟な考えだとは思いますが、いわゆる大手には行きたくないという思いが当時はありました。
元々、意思決定者と近い距離で仕事をしたい、フラットな組織で働きたいという気持ちが強かったからですね。

そんな時に、就活系のマッチングイベントでトライコーンに出会いました。
社長や社員と面接させてもらった時に、規模感と会社の雰囲気が自分に合っているなと感じ働いている姿が想像できたのが、入社したきっかけです。

― トライコーンで今まで経験した仕事内容

現在まで2部署を経験しているのですが、両方とも新規事業で営業活動を行っています。
最初の部署は、他社マーケティングオートメーション(以下MA)ツールの代理販売が主なミッションでした。
現在は、トライコーン株式会社の子会社であるミロゴス株式会社に出向しており、LINE企業アカウントの運用の提案がミッションとなります。
業務内容は、お客さまへのご提案、契約、社内調整、納品までのフォロー、請求など多岐にわたり一通りのことを行っていますが、基本はお客さまと社内のパイプ役です。
営業の仕事では、お客さまのご要望を社内に説明・依頼したりすることが多く、社内の方の協力なしでは業務を前に進めることができません。
自分の力でできる範囲は限られているので、普段から応援してもらえるような雰囲気作りや、仕事しやすいなと思ってもらうことを心がけています。

営業をやっていて、初めて先輩社員の手を借りずに提案、受注、納品、請求まで完結できた時はとても嬉しかったです。
現在自分が受注している金額と比較すると微々たるものですが、信頼を勝ち取れたと感じた瞬間だったと思います。

― トライコーンやミロゴスの良いところ

自分がこの会社に入ったきっかけにもつながるのですが、組織がフラットなところですかね。
わからないこと、自分で決めることができないことがあれば、すぐ相談することができるのが、トライコーンやミロゴスの良さだと思います。
なんといっても、今の私の席の隣が役員なので、決まるのが早いです。
また、新人社員の方から私によく質問が来るので、やはり相談しやすい会社の雰囲気なんでしょうね。

― 失敗したエピソード

失敗した経験はたくさんあります。(笑)
1年目の時に、自分自身で検証が不十分なものをお客さまに提案したことがあり、その時は進め方がわからず、お客さまにご迷惑をかけてしまいました。
その時、先輩に同行してもらったり、グループの人たちと一緒に解決案を考えてもらったりし、なんとか解決することができました。
今でもたくさん失敗しますがそれを踏まえ、自分が体験したことがない(想像できない)ことは必ず体験・検証してからご提案するようにしています。
そんな私も入社4年目となりました。
いまでは、自分の目で確かめてからお客様に提案することができているかと思います。
これからもこのスタンスは崩さないで業務に取り組んでいきます。

― 今後どうなりたいか

LINEを使って、お客さまと一緒に社会全体の課題を解決するようなソリューションを作っていければと考えています。
例えば、弊社LINE ビジネスコネクト用メッセージ配信サービス「LOOPASS」は、日本のフードロス問題を解消するとある予約サービスに採用されています。
お客さまと一緒に取り組めるようなサービスをどんどん増やしていき、弊社をより社会に貢献できるような会社にしていければなと思っています。

Other INTERVIEW他のインタビュー