Tricorn Corporation

手をあげれば、
年次関係なく受け入れられる

2014年 入社
開発グループ

Y・K

― トライコーンに入社したきっかけ

元々、大学で情報系の分野を学んでいて、エンジニアとして就職しようと考えていました。
就活サイトで企業を探していたときにトライコーンのことを知り、面接を受けたのがきっかけですね。

入社を決めた理由としては、人数が少なく、小規模なので社内の見渡しが良いと感じた点です。大きい会社だと、会社の一部になってしまうのが嫌だったんです。
また、中小企業だと不安定なところも多いですが、トライコーンは約20年経営が続いている企業なので、安定している点も魅力でしたね。

― トライコーンで今まで経験した仕事内容

ジョブローテーションの一環で、開発に関わる部署を一通り経験しました。
最初は品質管理グループに配属され、インフラグループを経て、現在は開発グループに所属しています。

品質管理グループは、自社で開発しているプロダクトやクライアントへの納品物のデバッグやテストを行うところで、テストケースを作成したり、自分の手でテストを実行したりしていました。

インフラグループは、サーバや社内システムなどのインフラを管理するところで、サーバを日次で確認して何か異常が起きていないか確認したり、新しいメールサーバのサービスインに携わったりしていました。

現在の開発グループでは、自社で開発しているCRMツール「クライゼル」の開発や運用に携わっています。
今は開発者として別グループにいますが、テストのことを意識して開発ができたり、サーバやミドルウェアなどのインフラ周りの仕事を任されたりと、品質管理グループとインフラグループで経験したことは今でも役立っていますね。

― トライコーンの良いところ

基本的には、入社を決めた理由と同じですね。見渡しの良さや安定している点は、入社後も感じます。

それ以外でいうと、技術者として幅広い知識が身につく点でしょうか。
もちろんエンジニア同士で役割分担は行うのですが、インフラやテストのことを理解しないと開発が進まないというように、自分が受け持っている以外の領域も理解していないと、上手く開発を進めることができません。
また、手をあげて発言すれば、年次に関係なく受け入れられやすいというのはあると思います。

― 具体的なエピソード

品質管理グループにいた頃、自社で制作したHTMLメールのテストを行っていました。
このテストは単純ですが、正確さを求められるので、人力で行うと神経を使いますし、ミスが出やすいものでした。
それを改善できないかと思い、テストの実行を補助するためのツールを作成したことがあります。
※このツールについては、トライコーンの技術者が執筆しているブログにて、Y・Kさん自身が詳細を説明されています(ブログの詳細はこちら)。
詳しく知りたい方は、そちらの記事をご覧ください。

当時まだ入社して日の浅かった自分が、こういう提案をして受け入れてもらえたのは、良い風土だと思います。

― 失敗したエピソード

社内のデータベースサーバを移行するという大きなプロジェクトに関わったときのことです。
自分が主担当として関わっていましたが、事前に見積もったタスクや工数が甘かったために上手く進行せず、スケジュールがギリギリになってしまいました。

結果的に、特に不具合もなく移行を完了することはできたのですが、自分がやるはずだったタスクを他の人に手伝ってもらったりと迷惑をかけてしまいました。
スケジュール管理やタスク管理が甘かったことが反省点ですね。

― 今後どうなりたいか

開発者として、プログラミングなど開発に関するスキルを伸ばしていきたいです。
それだけでなく、サーバやテストに関するスキルなども伸ばしていくことで、幅広い分野のスキルを持った技術者を目指していきたいと思います。

あとは、自分が携わっているクライゼルの改善をしてゆきたいです。
例えば、UIが使いづらい点、テストが効率化されていない点など、今まで手がつけられていなかった課題も多く残っているので、様々な分野のスキルを有効活用して、それらの改善をしたいと思っています。

Other INTERVIEW他のインタビュー