Tricorn Corporation

制作して終わりじゃない
その後が知れる

2016年 入社
事業戦略室 クリエイティブ担当

M・N

― トライコーンに入社したきっかけ

WEB業界を志したいきっかけとして、もともと大学でプログラミングや情報デザインなどを学んでおり、この業界で働きたいという気持ちが強くありました。
大学でJavaやC言語などをやりましたが、WEBサイトを制作する授業で改善案の抽出・デザイン・コーディングの一通りの流れを体験して、UIデザインやマークアップ言語でコーディングをする楽しさを知りました。
そのため就職活動では、エンジニアよりもWEBデザインができる仕事を中心に探していました。

トライコーンに入社したきっかけは、社内の雰囲気が自分に合っていそうだ、という直感と幅広い業界と取引があり様々なジャンルの仕事ができるという点です。
面接時の社員の方々の人の良さと、見渡せば全員の顔が見える開放的な空間を見せていただいたときに自分がトライコーンで働く姿を想像できたので、入社を決めました。

― トライコーンで今まで経験した仕事内容

入社後は、メールの配信代行業務やデータメンテナンス・レポート制作といった事務作業から、メールやLP、フォームのデザイン・コーディングなどの制作業務まで、幅広く仕事を行いました。現在は自社のWEBサイトやLPの改善を、以前よりもマーケティングを意識しながら取り組んでいます。

仕事に取り組む上で以下の3つを意識しています。
1つ目は、ユーザーのことを考えて制作することです。ユーザーが情報を吸収しやすいようにLPの動きを工夫したり、スマートフォンでも読みやすいように最適化したHTMLメールを制作しました。また、離脱率が高いというフォームがあったのですが、フォーム内の情報整理やUIの改善の他に、申込者のモチベーションを下げないようにEFOを導入したフォームを制作しました。ただ作るのではなく、入力画面で離脱率が何%と高いという分析結果のもと、そのユーザーが離脱をする原因と改善案を出し制作するので、より効果のある制作物を作ることができます。

2つ目は、作る目的を知ることです。効果のある制作物を作るといっても、その目的を知らなければなりません。そのために、営業の方からだけでなく直接お客様の声を聞いたり、システムについての知識(メールで言ったらメーラーの仕様など)を身につけるために勉強をします。ただ制作するだけではできない、深いところまで携われますね。

3つ目は、その後の効果を知ることです。トライコーンは、自社のCRMサービスやSalesforceのサービスを用いてメールの配信やLP・フォームの公開をしているので、配信、公開後のレポートを見ることが可能です。結果がひと目でわかるので、制作物のどこが効果的だったか、目的を果たせたかがわかり、その後の改善に活かすことができます。制作して終わりじゃない所がいいなと思う点です。

― トライコーンの良いところ

スピード感があることと、社風のよさです。
営業担当の方経由でしかお客様とやり取りできないわけではなく、制作担当とお客様でやりとりをして、直接お客様の要望や声を聞くことができるので、認識のズレが少ない、かつ待ちの時間も最小限に抑えられます。
そして、社内にある検証端末はいつでも利用できるので、制作中にレイアウトなどの確認が可能で、品質管理テストのフローにいく前に不具合を修正することができます。社内・社外共にやり取りを最小にできるので、スピード感を持って仕事ができます。
また、失敗しても次に活かせる社風があります。
失敗しても、フォローしてもらったり、次はこうしたらいいと助言をもらえたりして、失敗を次に活かせる環境だと思います。

― 失敗したエピソード

デザイン作業をPhotoshopで行っているときに、メモリ不足でソフトが落ちてしまったことがあります。こまめな保存を忘れており、その日分の作業が台無しになってしまいました。
納期が迫っていたのでどうしようと焦っていた所、近くの座席の先輩社員の方々が、「大丈夫?何かできることある?」と声をかけてくださいまして。部分的に手伝ってもらったり、デザインの確認作業をしてもらったりして、なんとか納期に間に合わせることができました。
デザイン中にアドバイスをもらったりし、前回のデザインよりもいいものができあがりました。
その後は、同じことを繰り返さないようにと、先輩社員の方がPhotoshopの設定を見直してくださり、今はあまり落ちなくなりました。社員同士の顔が見やすくフォローし合えるというだけではなく、今後につながるアドバイスなどもしてくれるいい環境だと思います。

― 今後どうなりたいか

トライコーンでマルチにお仕事をさせていただいているということもあり、フロントエンジニア兼デザイナーのNo.1を目指していきたいと思っています。
ですが、がっつり仕事に注力するというわけではありません。
トライコーンは産休を取りやすい会社ですので、将来家庭を持って仕事と両立させていきたいなと思います。

Other INTERVIEW他のインタビュー