Tricorn Corporation

ツール提案ではなく
問題解決につながる提案を

2014年 入社
Salesforceグループ 営業担当

Y・I

― トライコーンに入社したきっかけ

元々、世の中の経営者がサービス告知や集客を手軽に実現できるようなツールがあればいいと思っていたんです。
コンサル会社などに外注して、人的なコンサルで実現することが一般的ですが、当然経営者の意向からはそれてしまうケースも多いと思います。
前職で勤めていた求人メディアの運営・管理の仕事においても掲載元の担当者から話を伺うと「やりたいことが結局は上手く実現できない」といった傾向があることを常々感じていました。

ある日、友人との何気ない会話の中でCRMというマーケティング手法の存在を知り、「これだ!」と直感しました。
ただ当時は私自身ITやマーケティングの知識はなく、とにかくやる気だけしかなかったですね。

求職中に出会ったトライコーンはCRM業界でも老舗企業で、そうした知識を身につけるにはうってつけだと思いました。
また、CRMツール販売がメインですが、ツールで実現できないことはコンサルタントが提案して解決するというスタンスにも魅力を感じて営業職としての入社を決めました。

― トライコーンで今まで経験した仕事内容

担当としては、Salesforceやマーケティングオートメーション(以下MA)ツールの営業として、サービス紹介・ヒアリング・資料作成・提案訪問など、一通りの営業活動を行っています。

トライコーンは営業担当が取り扱えるツールやサービスが豊富にあるので、SalesforceにLINE・広告を絡めた提案とか、クリエイティブの制作、キャンペーンの企画提案など、最近は自分の担当外まで含めて提案することも多いですね。
クライアントが求めているのはツールではなく、"そのツールで何ができるか"なので、単なるツール提案ではなく、問題解決に繋がる提案を心がけています。

一営業マンとしての提案力を磨くにはうってつけの環境にいますが、やはり自分一人だけで最高の仕事はできないので、分からない点や協力してほしい点は、社内の人に協力してもらっています。

― CRMやMAという商材のおもしろさ

1つ目は、人的なコンサルでは解決できない課題を解決できることだと思います。
例えば、メール配信の予約を人力でやると何時間もかかりますが、CRMやMAを使えばすぐに予約可能、工数を減らせるといった提案ができます。

2つ目は、現場の担当者と同じ目線で提案ができることです。
経営コンサルだと、「3ヵ年計画」みたいに大上段からの提案になってしまいますが、実際にCRMやMAを使って仕事をするのは現場の担当者です。その人たちと同じ目線で問題解決の提案し、実際の成果に一喜一憂しながら次の提案を考えることができるところがおもしろいですね。

3つ目は、提案の幅が広いことです。
幅広い業種に提案することもできますし、例えば「自分は金融業界の知識があるから、金融業界に提案しよう」なんてこともできます。CRMやMAというマーケットは今後も伸び続けるので、提案の幅は今後もどんどん広がってゆくと思います。

― トライコーンの良いところ

まず、当社はCRMビジネスを20年以上続けてきたので、その経験やノウハウが役に立ちますね。
後は、何といっても人です。未経験でも、やりたいことや情熱を持っていれば、皆協力してくれます。
前述の通り元々、私はITの知識も経験もなかったのに、「営業で一番になる」と大口を叩いて入社したのですが、先輩方がそれを助けてくださったおかげで、実際に大きな売上を出すことができました。

― 失敗したエピソード

入社1年目のとき、ECのクライアントに提案をしていたのですが、当時は知識も浅かったし、まだ意識が低いところがあったので、クライアントからの質問に上手く答えられないことが多かったんです。
そのせいで、打ち合わせの場で、「あなたじゃ話にならないから、上司呼んできてよ」といわれてしまいました。

それが凄くショックで、その後は意識を変えて、分からないことは徹底的に質問したり、色々な会社のメールを見て勉強したりしましたね。
その後、そのクライアントと関係性を一生懸命続けた結果、これまでで一番の取引額と実際の良い成果もいただき、最後にはお礼もいってもらえるようになったので、本当に感謝しています。

― 今後どうなりたいか

営業発信で新しいサービスを作ってみたいですね。マーケットやお客様の課題を一番理解できる立場にあるのが営業なので、それを社内に共有して、新しいサービス作りの起点にしたいです。

また、クライアントに良い提案をするためには社内がしっかりしていないといけないので、社内の営業マンの提案力を伸ばしたり、情報共有しやすくする組織作りにも貢献したいと思っています。

Other INTERVIEW他のインタビュー