ニュース

2014/08/11
安心して利用できる電子メール環境への取り組みについて〜 なりすましメール防止安心マークを銀行へ導入開始。〜

                           2014年 8月11日

                       株式会社インフォマニア
                   シナジーマーケティング株式会社
                        トライコーン株式会社
                          ニフティ株式会社
                一般財団法人日本情報経済社会推進協会
                       株式会社パイプドビッツ
                           ヤフー株式会社

報道関係各位


    安心して利用できる電子メール環境への取り組みについて
    〜 なりすましメール防止安心マークを銀行へ導入開始。〜


株式会社インフォマニア(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大西 
恒樹、以下インフォマニア)、シナジーマーケティング株式会社(本社:大
阪市北区、代表取締役社長兼CEO:谷井 等、以下シナジーマーケティング)、
トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:花戸 俊介、
以下トライコーン)、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役
社長:三竹 兼司、以下ニフティ)、一般財団法人日本情報経済社会推進協会
(東京都港区、会長:牧野 力、以下JIPDEC)、株式会社パイプドビッツ(本
社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷 宣昭、以下パイプドビッツ)、
ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂 学、以下ヤフー)
は、メールセキュリティ対策強化のための電子メール環境への取組として、
なりすましメール防止安心マークを推進しております。このたび、安心マー
クの銀行への導入を開始いたしました。

昨今、銀行を装ったなりすましメールによって虚偽のWebサイトへ誘導され、
暗証番号やパスワード等を詐取されるフィッシング詐欺などの被害が多発し
ています。スマートフォン、タブレット端末等の普及により、Web メール利
用者も急増しており、従来の認証技術では対応が難しかったWeb メールでの
なりすまし対策が急務となっています。

このなりすましメール防止安心マークは、2013年 7月の参議院議員選挙のネ
ット選挙運動解禁を機に、政党からのメールマガジンに採用されています。
メール受信箱の一覧で「安心マーク」を表示することにより、お客様の利便
性と、安全性を大きく向上することができます。この「安心マーク」は送信
ドメイン認証(DKIM:DomainKeys Identified Mail)の仕組みとサイバー法
人台帳ROBINSに登録されている企業情報の組み合わせによって表示されます。

株式会社常陽銀行(頭取 寺門 一義)様では、すでに2011年 9月16日からお
客様向けメールマガジン配信の際に、真贋判定が可能な電子署名(S/MIME)
によるセキュリティ対策を実施しておりますが、このたび銀行として初めて、
Web メール利用の際に有効な対策として、「安心マーク」の採用を決定され
ました。

インフォマニア、シナジーマーケティング、トライコーン、ニフティ、JIPDEC、
パイプドビッツ、ヤフーでは、銀行をはじめとして、電子メールを用いた、
より安心・安全な情報発信を行うことを支援するとともに、引き続き「なり
すましメール」の被害等を防ぐ安心して利用できる電子メール環境の整備に
取り組んでまいります。


<安心マークのシステム概念イラスト>



※1 「サイバー法人台帳ROBINS」
法人、団体、個人事業者について、名称、メールドメインなどのオフィシャ
ルな情報を提供しています。https://robins.jipdec.or.jp/
※2 Webメールを利用している受信者を指します。
※3 Webメール事業者側のサーバ上で「銀行からの正しいメール」と自動認
識した場合に表示するアイコン画像。



【株式会社インフォマニアについて】
URL:http://www.infomania.co.jp/
株式会社インフォマニアは主に各種インターネットサーバーの構築運用を専
門に行っている会社です。2007年に日本で最も早く政党ドメインのDKIM対応
を完了させました。既存のメール配信、送受信のシステムに手を加えること
なく、簡単にDKIMに対応できるソリューションを提供しております。

【シナジーマーケティング株式会社について】
URL:http://www.synergy-marketing.co.jp/
シナジーマーケティングは、企業様のマーケティング・コミュニケーション
を支援するクラウドベンダーです。顧客情報を託される存在として、14年に
渡り顧客データの管理・活用を専業で行ってきたこと。また、世界を代表す
る企業様から出資いただいていること。さらに高い自己資本比率に代表され
る強い財務力が評価され、現在 4,000を超えるお客様にサービスをご利用い
ただいています。

【トライコーン株式会社について】
URL:http://www.tricorn.co.jp/
トライコーン株式会社は、メール配信やフォーム作成、CRM に特化したASP.
SaaSサービス「クライゼル」を提供しています。とかく面倒くさい、難しい
と思われがちなメール配信システムやCRM をもっとやわらかく(=カンタン
に)をモットーに、トライコーンはホスピタリティを重視した、ひと肌の通
ったあたたかいサービスをお客様に提供しています。

【ニフティ株式会社について】
URL:http://www.nifty.co.jp/ 
ニフティ株式会社は、インターネットサービス「 @nifty(アット・ニフテ
ィ)」を運営するインターネットサービス事業者です。“ニフティとなら、
きっとかなう。 With Us, You Can.”をコーポレートメッセージとし、高品
質で安心・安全なサービスの提供を通じて、お客様の日々の生活をより便利
で豊かにするための支援をしています。

【JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)について】
URL:http://www.jipdec.or.jp/
JIPDECは、1967年よりわが国の情報化推進の一翼を担い、技術的・制度的課
題の解決に向けたさまざまな活動を展開しています。特に、安心・安全な情
報利活用環境の構築を図るため、プライバシーマーク制度、ISMS制度、「サ
イバー法人台帳ROBINS」やビジネス用電子証明書「サイバーID証明書 JCAN」
などのサービスを提供しています。

【株式会社パイプドビッツについて】
URL:http://www.pi-pe.co.jp/
情報資産プラットフォーム「スパイラル(R) 」を提供する株式会社パイプド
ビッツは、「情報資産の銀行」というビジョンを掲げ、顧客情報や製品情報、
従業員情報など、現代社会で最も重要な資産のひとつである「情報資産」を、
インターネットを通じてお客様から安心・安全な環境でお預かりし、有効活
用していただくサービスを展開しています。

【ヤフー株式会社について】
URL:http://www.yahoo.co.jp 
日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社は、
インターネットを通じて人々と社会の「課題」を解決していく「課題解決エ
ンジン」として、さまざまな取り組みを行っています。


<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

トライコーン株式会社 マーケティング&コミュニケーションズグループ 清水
電話:03-6863-5638 FAX:03-6863-5639
メールアドレス: marketing@tricorn.co.jp

トップにもどる トップにもどる

トライコーン
トライコーン