メールマガジン発行支援ツール:トライコーン株式会社


ご自由にお使い下さい

メールアドレスの旧ドメインから新ドメインへの変換ツール

インターネット上の1999年問題について

1996年11月6日より、日本のドメインを管理する日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、日本のインターネットプロバイダに対して、任意団体のドメイン( or.jp )からネットワーク事業者のドメイン( ne.jp )に変更するよう要請してきました。現在は、移行のため or.jp と ne.jp を併用できますが、この併用期間が、1999年3月末日を持って終了します。このドメインの併用期間が終了することに伴い、1999年4月以降も古いドメインのメールアドレスにメールを送信した場合、相手先に届かない迷子メールが発生することが予想されています。

また、この or.jp から ne.jp への変更は、強制ではないため、1999年4月以降、 ne.jp に変更するプロバイダ、この機会に別のドメイン名に変更するプロバイダ、また、 or.jp のまま変更しないプロバイダなど、プロバイダにより対応が大きく異なり、機械的に一意にor.jp から ne.jp に変換することができません。

例えば、日本の代表的なプロバイダでも、下記の通り、対応は様々です。

  • ベッコアメの場合 ne.jp に変更
     bekkoame.or.jp から bekkoame.ne.jp へ
  • ニフティサーブの場合 ne.jp に変更し、ドメイン名もniftyserve から nifty に変更
     niftyserve.or.jp から nifty.ne.jp
  • リムネットの場合 or.jp のまま変更せず
     rim.or.jp のまま
  • ジャストネットの場合 ne.jp に変更し、サブドメインを個別に割り振り
     jsn.justnet.or.jp から ma*.justnet.ne.jp へ(*は数字)
  • トライコーン株式会社は、毎月200万件以上のメール配信を手掛けており、メール配信に不可欠なドメインの情報を独自にデータベース化し、現在、数千ドメインのデータを保持しております。迷子メールをひとつでも少なくすることを目的として、このデータベースを無料でインターネット上で一般公開することにいたしました。

    ● その他サービス

    1. メールテキストのHTML形式変換ツール
    トライコーン株式会社
    2. メールアドレスの旧ドメインから新ドメインへの変換ツール
    トライコーン株式会社
    3. プレゼント当選者決定ツール
    トライコーン株式会社
    4. プレゼント当選者決定ツール デラックス
    トライコーン株式会社
    5. パスワード生成ツール
    トライコーン株式会社
    6. QRコード* 生成ツール

    トップにもどる トップにもどる

    トライコーン
    トライコーン